ルビーレーザー(自由診療)

訪問者数 2016-11-24~
Count per Day
  • 9今日の閲覧数:
  • 79昨日の閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

 ブログ 最近の投稿 

Total Website Visits: 1113014
Total Page Visits: 5838

Qスイッチルビーレーザ (The Ruby Z1)

Qスイッチルビーレーザーとは

 レーザーで色素性皮膚疾患を治療する際に、メラニン色素と酸化ヘモグロビンとの光吸収度の大きい波長領域(Optical Window)を使用することで選択的な治療が可能になるとされています。

 光の波長吸収特性では、ルビーレーザー光の波長(694nm)付近は酸化ヘモグロビンへの吸収が非常に低く、メラニンにおける吸収が高いレベルにあります。

 波長選択においてルビーの波長はメラニン吸収の中心であり、他のレーザー機器に比べ、メラニンの顆粒を最も選択的に破壊し、周囲組織へのダメージを最小にして、色調の薄い病変でも鋭い反応性をもつことができると言われています。これがいわゆる“ルビーはキレがよい”といわれる由縁です。

 

Qスイッチルビーレーザーの適応疾患

真皮性メラノサイトーシスに対する第1選択。こんなシミをお持ちの方は...。

 東京大学形成外科 吉村浩太郎先生のHP 『美容医学への扉』は非常に役に立つHPで私も未だに何度も訪れるページです。
 その中にADM(真皮性メラノサイトーシス)をはじめとしたシミ組織図鑑があります。

太田母斑  / 下眼瞼ADM / 頬ADM / 

そばかす / 扁平母斑 / 日光性色素斑(老人性色素斑、日光黒子)

などは、QスイッチRubyレーザーの良い適応となります。

疾患に合わせ照射時間を選択可能

 The Ruby Z1は、症例に合わせてQスイッチとノーマルパルス2つの異なるパルス幅(照射時間)を有するモードが選択可能です。
深在性疾患、表在性疾患と病変部の状態に合わせた適切な照射時間を選択することで、浸襲の少ない治療が可能です。また照射時間を変えたコンビネーション治療により、治療の幅が広がります。

 

Qスイッチルビーレーザーの照射スポット

ジェイメック社のThe Ruby Z1 のHPはこちらです。

◆注意◆

治療費は,『診察料』『各治療費』『材料費』から成ります。

Total Page Visits: 5838 - Today Page Visits: 5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。