ボトックス

訪問者数 2016-11-24~

499total visits.

■ ボトックス

 当院では、アラガン社のボトックスを使用しています。

 現在、厚生労働省に承認を受けているボトックスはアラガン社のものしかありません。
 当院では、

自由診療分ではアラガン・ジャパン社 の『ボトックスビスタWEB講習』、
保険適用のボトックスに関してはグラクソ・スミスクライン株式会社の『ボトックスWEB講習・実技セミナー』
を修了し、アラガン・ジャパン社(ボトックス・ビスタ)及び正規薬品卸業者(保険分のボトックス『ボトックス®注用50単位・100単位』)より購入しています。
(同じボトックスビスタ、ボトックスを使用している場合でも、卸価を考え医師が平行輸入で仕入れた製剤の品質に関しては、厚労省の承認とは異なり、当該薬剤の品質に関しては医師個人の責任とされます。)

■ ボトックスの価格

 今回、値段を決定するにあたり、色々と悩んだのですが、ボトックスも他の医薬品と同様に、個人差を認めます。
 また、ボトックスは投与単位に依存的に効果を認め、効果が持続します。

このため、当院では、
1) 一般的なボトックスの治療部位ごとに目安となる単位数を記載
2) それを初期投与量として初診時はまずはその投与量を投与
3) 2週間後に効果判定のために再診。その時点で患者さんの要望に応じて追加ボトックスを行う
(2週後再診分の再診料は無料、追加ボトックスの費用は別途必要)。
4) 2回目以降の治療に関しては、初診(初回)時の総投与量を参考に行い、また2週後の再診に関しては、患者さんの希望があれば無しでもokとする。
5) 値段は、1単位当たり2,700円(税込。最低金額は10単位27,000円から。)
6) ワキやエラ(小顔)、ふくらはぎ(腓腹筋)、手など面積の広い部分に対しては、必然的に投与単位数が増えるため、複数バイアル購入時には、スライド式の割引を行う
という体系を取ることにしました。
※ バイアル購入時、多部位投与となる場合には、患者さんと相談の上、投与部位を決定します。
(1回の診察・治療は30分以内とします。延長時、診察料が追加される可能性があります。)

■ ボトックスの適応 (国内承認分)

 詳細は、 アラガン・ジャパン社グラクソ・スミスクライン社のHPを参照していただけると良いと思いますが、

「ボトックスビスタ®注用50単位」(ボトックスビスタ®)
・ 65歳未満の成人における眉間の表情じわ

「ボトックス®注用50単位・100単位」
・ 脳卒中後遺症『手足の筋肉のつっぱり(痙縮)』
・ 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣
・ 痙性斜頚
・ 小児脳性麻痺の下肢痙縮に伴う尖足

・ 腋窩多汗症 (申請中)

料金表

◆注意◆

 ・当院では、受診日が決まった時点でアラガン社に発注をかけますので、申込当日の治療は行えません
バイアル買いの場合は、事前に振込頂き、入金を確認後にアラガン社に発注となります。


 治療費は,『診察料』+『各治療費』+『材料費』から成ります。

 下記料金は,『各治療費』となりますので,別途『診察料』及び,レーザーなど治療によっては、『材料費(薬剤費含む)』が発生します。ご注意ください。

 
 ・1単位 (最低10単位~)・・・・・・  2,700円税込(税別2,500円)
 ・1バイアル (50単位)・・・・・・  108,000円税込(税別100,000円)
 ・2バイアル (100単位)・・・・・・  205,200円税込(税別190,000円)
 ・3バイアル (150単位)・・・・・・  275,400円税込(税別255,000円)

 

 ・ 2バイアル以上は共同購入可能。
(例)3人で3バイアルなら一人当り91,800円税込


  このページのトップへ
  

累計  

本日   

   昨日  

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。