カテゴリー

Qスイッチルビーレーザーのページをup

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)





正確には修正ですね...。かなり手作り感満載ですが...。(^_^;)


 来年グランドオープンと書いていますが、これまで自分が関わってきたクリニックのように、沢山のカウンセラーや看護師をやとって、という形態はとりません。(というか資金があるわけでも無いので取れません...^^;

 大阪のクリニックに関わり始める前にも大阪で在宅医療を主としたクリニックをやっていたわけですが、この時も基本は自分一人でした。
 そこに、HPをみてメールをくれた看護師さんと二人でやっていたのが当初です。

 そのためか、何でも自分でやる癖がついています。

 元々在宅医療の場合は患者さんのお宅に伺うので、必要最小限のものをかばんにつめてスクーターで移動しているので、注射の準備から血圧測定から全て自分ひとりで行います。
 大阪のクリニック の後半は、地域の訪問看護ステーションとの連携にも慣れ、日時を併せて訪問診療をしていたので、その時に看護師と打合をしたり、そういうやり方でした。

 今回も前回のあっとほーむクリニックが場所を移転し、レーザーを導入した、という意味合いが強いため、多くのコメディカル(と言っても医師や看護師さんですが)がうちのクリニックの機器などを利用して、御自分の患者さんの治療を行ったり、フォローをする場としても利用できないか(まぁ診診連携の変化形という感じです)、というのが私の今考えていることです。

 ですので、在宅でも美容医療でも興味のあるドクターやナースの方々は気軽に連絡を頂ければありがたく存じます。

 閑話休題。

 ルビーレーザーについてですが、私がダウンタイムが無い事を優先するよりも、より治療効果の高いと思う治療を勧めたい、という思いの要因にもなったのですが、これは男の私の感覚だけかもしれませんが、それまであったシミがなくなれば、どんなに時間がかかってゆっくり無くなっても、周囲は自然になくなったとは思わないわけです。

 であるならば、ことシミの治療は綺麗になると周囲も驚くし、オペと異なり患者さんの抵抗も随分少ないので、1~2週間のテープ貼布は我慢してでも1回、2回などでシミが無くなる方が楽なんじゃない?と思うわけです。

 また、ピーリングなども併用していて月1回くらいの通院は構わない、というのであれば別ですが、毎回交通費をかけて、痛い思いをして、シミ以外の部分にもライトを照射されて、というより、気になるところだけパンパンと照射して終わった方が結果楽なんじゃないの?という思いがあったりします。

 とはいえ、未だに嫁さんや娘の気持ちもつかみきれていない私の医者の立場から見ただけの主張では有るのですが...。

 ただ、同様の考え方を持つ方もいらっしゃるでしょうし、男性でシミや脂漏性角化症を消したい、なんて思われている方には理解いただけるのかな?と思ったりしています。

 というわけで、Z1の六角形のカライドスコープ・ハンドピース、トップハット型ビームによる、すき間や重ね打ちを防ぎ均一な治療ができる特性を生かして、ワンショット打ち、面積打ち、なんて料金体系も作ってみたい次第です。

 今の所は下記のような基準で面積当たりの料金を設定しようと考えています。
下記の表のように単純に面積あたりに何ショット必要かを計算しながら考えています。
 
 あと、治療料金はHPの料金を基本料金にする予定ですが、クレジットカードではなく、現金で支払をされた方には少し値引きをすした金額をご提示する方向で考えていたりします。
(料金は変動する可能性がありますので、HPにある記載をよくご確認ください。同じページで料金だけ変更になっている事があります。最新のものが基本的には正確とお考えください。<(_ _)>)

 このあとはヒアルロン酸、電気メス(黒子やいぼとり)、サリチル酸マクロゴールのページが大体完成したので、もう少しでupできそうです...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。