カテゴリー

レーザー照射後2週

あっとほーむクリニック しみ ルビー レーザ- ah-clinic.com

あっとほーむクリニック しみ ルビーレーザ- ah-clinic.com
 保険診療
  

  ↑ 一人でSEOまでやっているので、読まれた時にとりあえず上の2個のリンクを各々クリックして頂けると、上記キーワードで検索時にヒットしやすくなるそうなので(ネット上のSEO講座などの受売りですが...(^_^;))、どうかご協力をお願いいたします。<(_ _)>  

なんだかんだと忙しく、ブログもおちおちかけていません...。(^_^;)

既に今晩は照射後16日になっていますが、写真だけは火曜日にとっておきました。
 またそれで非常に興味深い経過を経ています。

常々、貼付を10日~2週、出来れば2週と書いていましたが、真ん中を見てもらうと分かるように、ノーマルモードで照射した部分はかさぶたにもならないまま、うすい水疱様の表皮が剥離しました。イメージは日焼け後の皮剥けでしょうか。

 一方、Qスイッチサイドはかさぶたになっています。
photo:01

ところがこちらを見てください。

photo:02

photo:03

普段は顔をとったりする一眼レフがあるのですが、今回は最初がiphoneだったため、そのまま継続して出来るだけ同条件での比較をすることを優先しているので、画像としてはお粗末ですが、近位側(体幹に近い側)のかさぶたがはがれているのが分かると思います。
 
 これも同日の写真なのですが、何故かというと、間にお風呂に入りました。
つまり体を洗っている間にはがれた可能性があります。
 とはいえ、これまでより強く洗っているわけでもなんでもなく、そのことからもやはり2週経過するとかさぶたも自然脱落するようです。
 だからこそ、テープを貼っていると、はがすときに一緒にテープにかさぶたが付着するのだと思います。

ちなみに、こちらの写真は、ほんとは僕がやったほうがいいのですが、写真を撮るのに右手を使っているため、照射部の血管新生部の血を圧することで散らし、色沈がないかチェックしています。
 スパチュラがあれば、簡単なのですが...。(^_^;) 

photo:04

こちらは僕が右手で押さえて家内に撮ってもらったものです。

photo:05


photo:06

この2枚を見ると、近位側の痂皮が取れた部分がかなり白くなっているのが分かると思います。やや瘢痕のようにも見えますが、肉眼ではもっと分かりません。
 写真と肉眼視でもやはり違いますね。

 この投稿を書いている今、(照射後16日)はもっと分かりにくいです。
遠位側も触ると痂皮が取れているようにも思えますが、やや色沈のようにも見えます。

 明日か、もう2週越えているので、3週で写真を撮ってupしたいと思います。

ちなみに、
http://www.will-be.jp/laser/yag.html  この写真の鼻も私です。(o^-‘)b

これも、テープを貼らずに経過を見たときのものです。
まぁテープを嫌がる女性が多いので、こういったチェックはしていますが、それでも基本的にはテープの貼付を勧めます。
 自分だけは大丈夫!なんてのは症例を沢山見ている医者の立場からすると妄想に近い気がしています。
 とはいえ、経過を取っているので、自分の写真ならブログに経過を載っけてみてもいいかもしれませんね。

 あと、蛇足ですが、
http://kaya-clinic.com/laser/yag/index.html
このクリニックは私は一切関係がないのですが、なぜかウィルのHPを色合いだけ変えてパクっていると思われてもおかしくないhpです。

 私はこのクリニックの医者も知らないし、私の画像を使っても良いとも言ってないのですけどね...。
 ウィルは自分がいたので、勿論構わないのですが...。

 ちなみにかさぶたがテープについている写真も私が保管しているものです。
 これは共立の時の職員の方で、当時は個人保護が云々という前だったこともあり、ただ患者さんに見せるために撮影はさせてもらっているので、使っていましたが、画像のオリジナルを保管している私にも何の報告も無く、また著作権料(になるのかな?)なども支払わず、何年にもわたって同じ写真を用い続けること自体、どうなのでしょうね...。
 私なら、保管者である先生に連絡を取って使用許可を取りますけどねぇ...。
まぁその程度のクリニックなのでしょうか。よく分かりません。ただ愉快なことではないですね。 

 因みに共立での照射はmedliteを使用したものであり、ウィルにおいてあるのはMAX-QTと機種が違います。ただ、同じ532nmでの照射であり、かつウィルでも何例も532nmでのシミ取りはしていますので、こちらはウィルのQ-YAGの効果に近いと考えても十分問題ないと思っています。
 パクリクリニックはMAX-QTが貼られていますが、本当にあるのでしょうかね...!?(謎)

 こちらのクリニックはSAMの画像も勝手に使っていますねぇ...。
http://kaya-clinic.com/peeling/salicyl/index.html

 これも私が島町のあっとほーむクリニックの時に撮影したもので、今も勿論オリジナル画像を保管しています。(なので、うちのSAMのページでは間もいれた3枚を並べているのですが...
 ここのHPは私が辞めてしばらく経った後のウィルのHPをそのまま転載し、色合いだけ赤から少し変えたようです。ウィルのHPはかなり変わっていますが、こちらは基本形が当時のウィルのHPのままですね...。

 amebaでは転載は禁ずるように書かれていたと思いますが、クリニックのHPなんてあやしいですね。

  
 画像の使用には慎重であるべきだと思います。
私もHPの画像は今後どうしようか悩んでいます。
 というか、紹介をメインにしたいとは思っているので、比較広告も禁止されたようですし、画像自体は外そうかとも思っています。

 今の時代、情報が多いだけに、その情報の取捨選択、真偽の確認も難しくなってきていますね...。

あっとほーむクリニック しみ ルビー レーザ- ah-clinic.com

あっとほーむクリニック しみ ルビーレーザ- ah-clinic.com
 保険診療

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。