カテゴリー

レーザー照射後色素沈着の経過 ~照射後9ヶ月~ 私の前腕

フェイスブックのページを作成しました。

本ブログをタイムラインで見ることが出来ます。


  こちら  



読者登録頂ける方は、出来れば『知らせて読者になる』でして頂けると嬉しいです。


アメンバー登録はこちらから


3月6日に最初にレーザーを照射してから早や9ヶ月+α。
12月初めに撮影はしていましたが,なかなか投稿できていませんでした。

 詳細は,こちら も参考にして頂くと良いと思います。

これが今月初め,照射後9ヶ月+αでのPIH(色素沈着)の状態です。
かなり薄くなっています。

 繰り返しになりますが,まったく何もしていません。
『放置状態』です。
 基本的には,レーザー照射後の色素沈着は,できれば1年は待つべきだと私自身は今でも思っています。
 少なくともQ-Yag,今回のルビーレーザーの2種類に関しては,私は何度も自分の前腕にこうやってテスト照射をした色素沈着ができ,照射直後のみステロイドを塗布し,あとは放置を繰り返していますが,どれも消褪しています。
 100%の解はどこにもないと思いますが,色素沈着ができることによって,必ずしもあれこれ手を加える前に,「何もしない」という選択肢もあることを知ってもらえればと思います。お金もかかりませんし,私は悪くないと思っています。

次の画像は,来年の3月上旬。照射後1年目の画像をup予定です。

一応,これまでの経過を再度並べておきます。
これが,
 ◆ 照射後10日

 ◆ 照射後約3ヶ月

 ◆照射後約6か月  


 ◆照射後9ヶ月(今回。再掲)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。